歌舞伎の導入 (culture introduction)

[These culture introductions are short introductions of Japanese cultural aspects written in easy Japanese.]

歌舞伎の導入

歌舞伎(かぶき)は、日本固有(にほんこゆう)の演劇(えんげき)で、17世紀(せいき)に始(はじ)まりました。歌舞伎(かぶき)は歌(うた)や踊(おど)りのある芝居(しばい)です。

出雲阿国(いずものおくに) (1572年(ねん)―(ー)没年不詳(ぼつねんふしょう)) は、歌舞伎(かぶき)の発明家(はつめいか)と考(かんが)えられている。 阿国(おくに)は 安土桃山時代(あづちももやまじだい)の女性芸能者(じょせいげいのうしゃ)でした。

download1603年頃(ねんごろ)、阿国(おくに)は女(おんな)の 浮浪者(ふろうしゃ)と四条河原(しじょうかわら)の川床(かわどこ)で演技(えんぎ)を始(はじ)めた。

人々(ひとびと)は劇団(げきだん)の演技(えんぎ)を奇抜(きばつ)だと思(おも)ったので、それを「カブキ(かぶき)」と呼(よ)んだ。

最初(さいしょ)は、「歌舞伎(かぶき)」は踊(おど)りと歌(うた)だけの構成(こうせい)でした。物語はなかったけど、さんさぶろうなごやの助(たす)けを借(か)りて、おくにのカブキ(かぶき)は芝居(しばい)に変(か)わった。

1629年(ねん)と1673年(ねん)の間(あいだ)、現代全男性(げんだいぜんだんせい)カブキ(かぶき)は設立(せつりつ)された。
その頃(ころ)、女(おんな)の人(ひと)がでるカブキ(かぶき)は禁止(きんし)されたから、若(わか)い男(おとこ)の人(ひと)は女性(じょせい)の役(えき)を果(は)たすようになった。

元禄時代(げんろくじだい)、歌舞伎(かぶき)の構造(こうぞう)と様式(ようしき)の多(おお)くの要素(ようそ)が形式化(けいしきか)されたが、今(いま)のカブキ(かぶき)は昔(むかし)カブキ(かぶき)と同(おな)じでわない。からだと動(うご)き方(かた)は同(おな)じですが、ことばと言(い)い方(かた)は少し異(こと)なります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s